>

社内から外出先まで

構築前の社内のネットワーク環境

構築前にどんなネット環境になっているか把握をしておきましょう。
有線のケーブルの場合や無線LANの場合ですが、ケーブルは企業の拡大で従業員が増えた場合ケーブルを増やさなければならず手間がかかりますが、無線LANの場合ルーターを増やしパスワードなどのセキュリティーの安全面だけしっかりすれば従業員数は関係なくなります。
また本社以外で支店との社内ネットワークを把握する事で構築方法も変わる為、企業にあった構築方法を選んだ方がいいでしょう。
どんなネット環境にするかによっても、様々起こるトラブルや問題、セキュリティーにも向き合う事ができます。
しかし、セキュリティーを強化する事は良いのですが、複雑化してしまい従業員が使いこなせなければ意味がありません。そういった点も考慮することをおススメします。

レンタル業者の選び方

通信機器をレンタルするとなった時、どのレンタル業者が良いのかわかりませんよね。初めての時は色んな事を下調べするかと思います。
例えば、業者の実績や、口コミ、評判が一番の決め手になるかと思います。
しかし物は試しという考えも悪くないのではないでしょうか。
何にせよレンタルという事もあり、合わなかったり不具合が度々起きて面倒、使い勝手が悪いなどの場合に備えにもなるので、返品してしまえばいい事です。
またレンタル中におきたトラブルのサポートをどのように対処してもらえるのかも、判断基準になるのではないでしょうか。
リースと違い途中契約が出来ないというデメリットもないので、人の意見も大事ですが、自分で確かめて選ぶのも良いかもしれません。


この記事をシェアする