>

通信機器のレンタルに必要な費用とは

通信機器レンタル

企業ではネットワーク構築に通信機器がレンタルというところが多いと言えます。
その中でどんな事が理由に選ばれているのか、様々な理由をあげてみました。
まず、レンタルは導入する前に使用テストしてから使う事ができます。
検討する前に、高額な商品を間違えて買ってしまい、合わなかったという失敗をしなくて済むからです。
そして、研修などの一時的に使用する場合などに役立ちますし、店舗や支店の移転や閉業にも備える事ができるからです。
なぜなら、不要になった際に廃棄料がかかってしまうからです。
また、通信機器ですので壊れてしまった場合、購入してしまうとメーカー保証の期限がすぎてしまい保証してもらえなくなる分、レンタルの場合は代わりの機器に変更してもらえるなどのメリットがたくさんあります。

通信機器を購入、リース

通信機器を購入、リースする場合のメリットやデメリットも集めてみました。
まずは購入ですが、構築費用が高くなってしまうデメリットがあるものの、古い機種から新しい機種まで幅広く選ぶことができ、購入時にメーカー保証書が付きます。
また中古の機種の場合には機種の費用が安く購入できますが、いつ壊れてもおかしくありません。中古の販売業者の在庫次第では欲しい機種が見つからないなど、機種が限られてしまいます。
リースの場合ですが、レンタルと違い途中で契約ができない、契約期限が決められないなどのデメリットがあるものの、費用は安く抑えられ、レンタル同様毎月の月額料金のみというメリットがあります。
ネットワーク構築する際には通信機器をレンタルするのか、購入するのか、リースするのか検討してから選ばれると良いでしょう。


この記事をシェアする